« 長崎原爆忌・金子みすゞ「大漁」 | トップページ | 風呂敷は包む道具、ひろげておくものではない。 »

山の日・荒幡富士

今日は山の日。

ケーブルカーを降りたところが山の頂きと思っている不心得者。山を語る資格がないのは承知の上です。

近くの富士塚・荒幡富士。人の手で造った小さな山とはいえレプリカの山を造ってでも参詣したいと思うのは、山に対する畏敬の念の象徴なのかもしれません。
この山への思いは古今東西変わらいようです。

荒幡富士には時折、保育園児や幼稚園児がお散歩にきています。来ると我われ先にと登り始め「お山の大将」を決め込んで「ヤッホー」。

登山家が何故山に登るかと聞かれて「そこに山があるから」と答えたそうですが、人は本能的に高いところが好きなのかもしれません。
周辺よりちょっと高いだけで眺望も変わります。
西に狭山丘陵の向こうに富士山、冬の晴れた日には奥武蔵の山々、日光連山、東に新宿のビル群、東京スカイツリーも見えます。

でもやっぱり自分の足で高い山を登って大自然を堪能したいのです。


Afuji08111_2

Afuji08115_2

Afuji08114

Afuji08113

Afuji08112_2


|

« 長崎原爆忌・金子みすゞ「大漁」 | トップページ | 風呂敷は包む道具、ひろげておくものではない。 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長崎原爆忌・金子みすゞ「大漁」 | トップページ | 風呂敷は包む道具、ひろげておくものではない。 »